スパイウェア対策 注意点

スパイウェア対策の注意点

スパイウェアとは、利用者の氏名、住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報や、ID、パスワード、金融機関の口座やクレジットカード番号などの秘密情報、ブラウザやコンピュータの使用履歴などを収集し、情報収集者である特定の第三者に自動送信するソフトウェアです。
予期せずコンピュータにインストールされていまい、その全てが悪質という訳ではありませんが、充分なセキュリティ対策を行なう必要があるのは言うまでもありません。

第一に重要なのは、コンピュータの弱点や脆さを解決しておく事です。
OSやセキュリティホールを解消するため、常に最新の状態を保つアップデートは欠かさないようにしましょう。

スパイウェア対策ソフトの導入も有効です。
スパイウェア侵入防止や実行防止に効力を発揮します。
弱点は誤った検出がされた際の設定変更、ソフトウェアや定義ファイルを常に最新状態に維持するといった手間に煩わしさを感じる事も珍しくありません。

更には、スパイウェア対策ソフトが必ずしも安全ではないという欠点があります。
また、電子メールに添付されているメールの開封やツールのダウンロード、ブラウジングには充分注意すべきでしょう。
こういった操作を行なう事によりスパイウェアがインストールされてしまう危険性があるからです。
これを回避するにはブラウジング時のセキュリティ設定の強化、及び疑わしいメールの開封やツールをダウンロードする際はセキュリティ対策ソフトでの検査の徹底を実践する事が重要です。
また、不審なポップアップ広告の操作などは、すぐさま終了させるのが良いでしょう。
そして、パーソナルファイアウォールを不正なアクセスを禁止するため設定を有効にする事が大切です。

重いノートン関連情報